わたしとあなたのホームシアター

北欧好きがおうち時間を満喫する

【2021年新作】おすすめNetflixオリジナル作品は、これだ!!観たら意外に良かった作品・まとめ

f:id:NatsuminScandinavia:20210222095623p:plain

 

個別に記事をまとめられていないのですが、最近も沢山映画を観てます。特に、Netflixオリジナル作品では、良作の新作が目白押し。どれもこれも、外れがありませんでした。もしかして、本当は去年配信予定だった作品が、コロナのあれこれで配信が今年にずれこんじゃったのかな??ってぐらい、2021年早々、素晴らしい作品が出そろっていますよ。

 

今回は、2021年新作かつおすすめのNetflix作品を紹介!

 

観たら意外に面白かったそんな作品ばかり集めました。鑑賞時の参考にしていただければ幸いです。随時、作品情報アップしていきます~!

 

 

【目次】

 

 

 

Lupin


Lupin | Official Teaser | Netflix

 

Netflixオリジナル作品(シーズン1現在5話目まで配信中*続きは現在制作中のこと)

 

現代版の怪盗紳士アルセーヌ・ルパン、このフレーズを聞くだけでも面白そうな感じがするNetflixオリジナル作品「Lupin」。実際観てみると、めちゃめちゃ面白い!

 

セネガルからの移民としてフランスで育った主人公が、差別的かつ不合理のフランス社会の上流階級の人々に復讐を図るという内容。

 

小説「アルセーヌ・ルパン」を熟読した主人公扮する現代版ルパンは、非常に手先が器用で、機転が利いて、アイディアマン。「最強のふたり」で一躍有名になったOmar Sy(オマール・シー)演じる主人公の身のこなしが、本当にカッコいい!

 

1話目から、主人公のルパンが仕掛けたトリックに騙され続けて、一気に物語に引き込まれること間違いなし!

 

 

小説を読んでいなくても楽しめますが、ドラマは、小説にヒントがあるようなないような進み方をしているため、小説の方も是非読んでみたいな~

 

 

 

 

ザ・ホワイトタイガー


『ザ・ホワイトタイガー』予告編 - Netflix

 

 

カースト制が続くインドで、貧困層の息子として生まれた主人公が、持ち前のずる賢さと機転の良さを利用して、起業家にのし上がるまでの人生を振り返る物語。

 

一度、貧困層として生まれるとその貧困からなかなか抜け出せず、裕福層に搾取され続けられるインドの現状を痛烈に描いており、内容は非常にヘビーでしたが、非常に軽快なテンポ感と動静のメリハリのおかげか、物語が伝えるテーマや問題提議を自分の中で消化しやすい映画だったと感じました。

 

この作品は、ベストセラー小説「グローバリズム出づる処の殺人者より」が原作。こちらも、面白そう。2008年にブッカー賞(世界的権威のあるイギリスの文学賞)を受賞しています。

 

 

インド映画について詳しくない私でも知っているインドの女優、プリヤンカー・チョープラーも出ていますが、この作品のメインは、主人公役のアダーシュ・ゴーラヴでした。まるで底なし沼で、もがき苦しむかのようなアダーシュ・ゴーラヴの演技が非常に素晴らしく、終始引き込まれました。

 

宗教、政治汚職、腐敗、カースト制、差別、貧困などなど、インドのリアルすぎる一面をここぞとばかりに描き出す衝撃作。非常に内容は重たいですが、おすすめです。

 

 

 

 

時の面影


キャリー・マリガン、レイフ・ファインズ出演『時の面影』予告編 - Netflix

 

 

第二次世界大戦が迫る1939年のイギリス。裕福な未亡人が、自身の土地の発掘調査を、アマチュア考古学者に依頼したことで始まる世紀の大発見の物語。

 

実は、この物語、イギリスで有名な遺跡「サットンフー」発掘をめぐる実話を基に作られた作品。遺跡によって、後世に受け継がれる歴史や文化の永久性と、儚く散りゆく人間の命の尊さのバランスが、非常に美しく描かれています。

 

このストーリーが持つ永久と刹那の狭間の危うく儚い雰囲気を主演のキャリー・マリガン(Carey Mulligan)とレイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)が上手いこと演じている点が、良かったです。

 

ちなみに、レイフ・ファインズって、ハリーポッターで、悪の帝王、ヴォルデモートを演じた俳優さん。雰囲気違いすぎて、言われても全く気がつかなかった。

 

 

 

 

この茫漠たる荒野で


News of the World - Official Trailer

 

南北戦争から5年後のアメリカ。退役軍人の男は、国内各地を旅しながら、世界中の新聞の読み聞かせを行い、生活をしていた。旅の途中で、路頭に迷う少女に出会う。彼女は、ドイツ人家庭で生まれたが、ある時、インディアンにさらわれ、そのままインディアンたちに育てられた少女で、英語もアメリカ人の生活も分からない状態であった。男は、彼女を親族の元へ届ける決意をするが、2人の行く手には多くの困難が待ち受けていた。

 

トムハンクス(Tom Hanks)主演の最新作。Netflixオリジナル作品ではなく、アメリカで2020年末に公開された映画ですが、日本では劇場未公開。2021年よりNetflixで独身配信で今のところNetflixでしか観れないということで、この記事内で、しれっと紹介しちゃいます。

 

ここ最近のアメリカ国内の情勢を表す表現として、「分断」という言葉がよく用いられますが、その発端とも言われているのが、アメリカで起こった南北戦争。そんな南北戦争から5年後、アメリカの社会や自然に翻弄される1人の少女と、その少女と向き合う元軍人の姿が描かれています。トムハンクスの安定感抜群の演技が良かった。

 

南北戦争というと、歴史の授業で学ぶので、なんだか遠い昔の出来事のようにも感じますが、1865年まで行われていたアメリカ国内の戦争なわけで、実は、そんなに昔の話でもないんです。フィクションとはいえ、こういった映画を観ると、分断を招いた価値観や政治観の違いや人々の強い思想というのは、数百年ぐらいじゃなかなか消えることはないと感じますし、アメリカでの大統領選挙をめぐって、色んな騒動が、アメリカ国内で勃発してしまうのも、妙に納得してしまうそんなストーリー展開でした。

 

日本では劇場公開されなかったけど、ちゃんと配信してくれるあたり、Netflixありがとう~~~~!!!と叫びたくなる見ごたえのある作品でした。 

 

 

ワッフルとモチ


www.youtube.com

 

ワッフルとモチが、世界一のシェフになるため、世界中に出向き、食材やレシピについて、学んでいく子供向け食育番組。

 

子供向けとは言っても、取り扱われている内容が、非常に深くバラエティーに富んだものになっており、大人が観ても、十分に楽しむことができる内容になっています。

 

ワッフルとモチは、ミシェル・オバマが経営するスーパーマーケットで働くという設定なので、ミシェル・オバマも毎回出演しています。

 

子供の多様な想像力や価値観を否定せず、好奇心をさらに広げてくれるようなプログラム。Netflixが食育番組作ると、ここまでスゴイものを作り上げてくれるんだ…と感動しました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

日本のNetflixでは、アニメや韓国ドラマが、人気作品のランキングの上位を占める今日ですが、他にもたくさんの素敵な海外作品が目白押しです~!

 

2021年最新のNetflixおすすめ作品情報は、随時更新していきます!

 

ほかにもおすすめのNetflix作品情報は、こちら

www.natsuminscandinavia.com