わたしとあなたのホームシアター

北欧好きが自宅で映画を満喫する

80年代王道青春映画「フラッシュダンス」を見た感想!今秋ミュージカル化でアツい!

f:id:NatsuminScandinavia:20200501143637p:plain

 

1983年に公開され大ヒットを記録した青春映画「フラッシュダンス」が2020年秋にミュージカル化されます!!!

主演は、なんと、我らのちゃぴちゃん(宝塚歌劇団月組元トップ娘役、愛希れいかさん)!!!!これが、ヅカ退団後、初の単独主演!!

エリザベート様のちゃぴちゃんも尊いし、一生見ていたいけど、新作も嬉しい!

 

コロナの影響で、次々とミュージカルの中止が報じられている中、先日、ミュージカル「フラッシュダンス」のビジュアルも公開され、期待度、急上昇中!

 

 

ちゃぴちゃんの晴れ舞台、気になる。とはいえ、このミュージカルの元である映画版を見ていないぞ…ということで、映画版「フラッシュダンス」を鑑賞しました。

 

 

【目次】 

 

 

フラッシュダンスの魅力を紹介します!

フラッシュダンス (字幕版)

フラッシュダンス (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

作品紹介

 

 

フラッシュダンス(原題:Flashdance)

1時間34分

1983年公開

アメリカ映画

音声:英語(日本語吹き替え版あり)

分類:ラブコメ、青春映画

 

 

あらすじ

 


フラッシュダンス - 予告編

 

昼は製鉄所で溶接工、夜はバーでダンサーとして働く18歳のアレックス・オウエンス。プロダンサーになることを夢見るが、なかなかオーディションに挑戦することができないでいる。バーのダンサーがアレックスであることに気が付いた製鉄所の社長、ニック・ハーレイは、彼女に目をかけるようになる。アレックスとニックの恋愛模様、アレックスのダンサーへの夢を描いたThe王道青春映画!

 

 

登場人物とキャスト

 

登場人物とキャストを紹介します

 

アレックス役:ジェニファー・ビールス(Jennifer Beals)

プロダンサーを目指す18歳のアレックス。昼は、製鉄所で溶接工、夜はマウビーズというバーでダンサーとして働く。倉庫を改装した家に住んでおり、ダンスも練習できるような仕様。グランドという犬を飼っている。夢について悩むと、懺悔をするため教会を訪れる。ダンスは、独学で習得、きちんとしたレッスンを受けたことがない。マウビーズの同僚ウェイトレスのジェニーと、料理人のリッチーと仲が良い。

 

アレックス役のジェニファーは、フラッシュダンスのオーディションを勝ちとって、一気に人気女優として一世を風靡しました。映画「ボディーガード」でもチョイ役で出演されていたようですが、フラッシュダンスが本格的な映画出演となったようです。

 

エキゾチックなお顔立ちで、凛とした美しさ。一方、目元は、くりくりしていて、少女のようです。大人なようで、少女の可愛らしさもあって、18歳のアレックスという役のイメージにピッタリですね!

 

現在の、ジェニファーです。今も変わらず、お美しい!!

 

 

2004から放送開始した「Lの世界」というテレビドラマでも再ブレイクしています。

 

 

ニック役:マイケル・ヌーリー(Michael Nouri)

アレックスが勤務している製鉄所の社長。最近、奥さんと離婚したばかり。バーで踊るダンサーが製鉄所で働くアレックスだと気づき、気になり始める。雇用主とは食事に行かないと、当初はアレックスからデートの誘いを断り続けられるが、アレックスのピンチを救い、恋仲となる。

 

マイケル・ヌーリーですが、トムハンクス主演の映画「ターミナル」や、「チョコレートドーナッツ」などの話題作にも出演されていますね。

 

 

 

感想

80年代のアメリカが溢れ出す青春映画!

f:id:NatsuminScandinavia:20200501141839j:plain


ストーリー自体は、よくある王道の青春恋愛映画と感じた。

公開が1983年ということもあり、80年代の雰囲気が駄々洩れしています。

音楽やファッションにも注目すると、80年代らしい可愛いがあふれていて、見ていて楽しい。あっという間の90分でした。

 

ポップで刺激的なダンスシーンが多いのと、劇中歌も多いので、視覚と聴覚的にも楽しい映画でした。キャスト本人が歌ってないからミュージカル映画とは言えないけど、見る感覚としては、それに近いと思った。

そんなに深く考えないでも見れるので、ちょっと気晴らししたいときにうってつけ!

おうち時間が長引いて、なかなかつらいので、「フラッシュダンス」のようなハッピーな気分になれる映画が、やっぱりいいなと思いました。

 

 

 一世を風靡した名曲の数々は、今、聞いても最高!

f:id:NatsuminScandinavia:20200501141858j:plain

映画の主題歌にもなっている「What a feeling」は、アカデミー賞を受賞している。

ラストシーンでも使用されているが、歌詞そのものが、夢に向かって、自分を信じて踊るアレックスのための応援歌であり、観客も共感しやすい。

どの音楽も、今、聞いても飽きないサウンドでいい。時がたっても、名曲は色あせないんだなというのを実感しました。冒頭でアレックスがバーで踊るシーン(水を振りかぶるダンスで有名)で使われていた「he’s a dream」もいい曲。

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:NatsuminScandinavia:20200427205215j:plain

 

フラッシュダンス内で使用される楽曲やダンスシーンは非常にレベルが高い。2020年に見ても、楽しい気分になるものだった。

ストーリーも恋愛と夢が主軸になっているので、ミュージカルに合うし、舞台で踊るちゃぴちゃんアレックスの姿が目に浮かびました。9月の上演楽しみ。(早くコロナ落ち着いて…)

 

現在は、舞台を見に行くのは難しい状況なんで、ご自宅で映画「フラッシュダンス」でも見てみるのは、いかがでしょうか。

 

フラッシュダンス (字幕版)

フラッシュダンス (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

おすすめの関連記事↓↓

www.natsuminscandinavia.com

www.natsuminscandinavia.com

www.natsuminscandinavia.com

 

 

 なつめ